> 中誉威聖について > 組織構成
中誉威聖について

組織構成

  中誉威聖が前述の作業スタイルを採れるのはを、私たちが独特の組織機構と管理モデルを採用しているためです。中誉威聖の各業務執行機構は、それぞれ単独で国家の各主管部門に登録され、国家の法律、規定に従いサービスを提供しています。同時に、各業務執行機構は中誉威聖本部の統一管理の下、明確な分業を行い、また緊密な協力を行います。このようなモデルの有効性は、私たち独特の内部管理や利益メカニズムに支えられています。私たちは資本と経営を分離させ、株主とパートナーが共に経営するという管理メカニズムを採用しています。株主、パートナー及び職員の相互間の義務、、権利、、利益が合理的に規律されており、これらの者が得る最終的利益は中誉威聖全体の実績によって決められます。中誉威聖は国内外の数百社の専門機構と業務協力関係を確立しています。弊社独特の効率性に優れた総合専門サービスは、ますます多くの国内外のお客様に認められ、信頼されています。