ホーム > 業務範囲
業務範囲
知的財産権出願﹒登録業務
ブランド保護
弁護士業務
商務調査
業務概観

知的財産権侵害に関する調査

 

中国経済が飛躍的に発展していると同時に、偽造品などの権利侵害ケースも経済発展に便乗しています。「中国偽造」は熟練している技術と大きなマーケットを持っているので、なかなか撲滅することができません。本センターは成立以来、この領域において、各地の法律執行機関や国内外の有名な調査機構、弁護士事務所と緊密な提携関係を築いています。世界名ブランドのために有効的な「ブランド保護チェーン」を作り上げています。戦火が見えない戦場において、われわれはお客様のために権利侵害、偽造品、盗用行為を積極的に食い止め、利益に駆使されている裏に隠れている多くの犯罪者を掘り出しました。

特許、商標、版権、会社名称、実用新案、コンピュータソフトフェア、集積回路、商業秘密、不当競争などの知的財産権侵害、偽造品案件について、本センターは全面的に調査し、証拠を取るサービスを提供することができます。また、本グループの中誉威聖特許商標代理有限会社、中誉威聖弁護士事務所と協力し、前述のケースに対して、適時的、有利的な行政取締り行動や法律訴訟の手段を使い、権利侵害行為に打撃を与えます。

知的財産権権利侵害、偽造品事案に対して、本所は通常以下の段取りで当事者に調査サービスを提供します。

マーケットを監視し、権利侵害製品を見つけたら直ちに依頼人に報告します。

特定されているマーケット、倉庫、販売者、生産者、卸売業者、運輸者と輸出入業者に対して監視を行い、あり得る権利侵害行為を随時に摘発します。
権利侵害商品を見つけたら、あらゆる専門的な手段を使い、製品の出所を究明します。

密かに権利侵害製品を生産する工業に潜り込み、詳しい状況を明らかにし、頼もしい証拠を集めます。

依頼人の要求やケースにより、本社は通常以下のような証拠と資料を集めることができます:権利侵害製品のサンプル、見本、写真、リスト、見積書、領収書;権利侵害者の名称、住所、名刺、会社登録、個人資料;権利侵害製品の生産過程、販売過程、販売ルート、販売数量、出荷時間などです。

政府主管機関に取締り行動や裁判所に訴訟保全、差し押さえ或いは判決執行を申し出る場合、私たちの調査員は行動前に、随時に調査し、最新状況を把握し、法律執行スタッフを正確な場所?権利侵害製品?証拠に導きます。広範囲の取り締まり行動に対して、大量的な人的、物的資源を投入し、法律執行部門と協力し、異なる市場や都市で行動を行い、かかわりあっている権利侵害行為?偽造行為を有効的に撲滅します。