ホーム > 業務範囲
業務範囲
知的財産権出願﹒登録業務
ブランド保護
弁護士業務
商務調査
業務概観

訴訟のための証拠収集

 

司法体制の改革により、「主張者が証拠を取る」とう原則は裁判過程においてますます権威を持つようになりました。そのため、証拠は勝訴に日増しに重要になりました。

訴訟証拠は勝訴の肝心な要素の一つですが、各種の条件制約があるため、当事者が証拠を取るのはなかなか難しいです。私たちは専門技術や手段を使って、プロではないと完全に取れない証拠と資料を取得することができます。当事者の訴訟活動に重要な支持を与えます。
これらの証拠と資料は以下のようなものです:
(1)訴訟相手の企業登録、名称住所、主要担当者などの情報;
(2)訴訟相手の財産分布、貨物倉庫、資金往来、銀行口座などの情報;
(3)訴訟相手の経済、財務、取引、人事の面の文書や文書副本;
(4)相手のある行為を証明する資料などです

民事紛争の中、離婚、相続、債務、財産などの紛争事件に対しては、依頼者の依頼を承り、相手側の行為、財産状況を調査し、依頼人に必要な情報や証拠を提供します。私たちが受理する民事事件の調査業務は、依頼人の秘密を厳密に保ちながら、調査されている相手側の合法権益も侵害しません。

私たちの訴訟前調査は、あなたの勝訴や訴訟前の有効的な財産差し押さえにつながります。私たちの判決後調査は相手側の財産の隠匿場所の発見、判決の順調執行につながります。

本センターは従来から、国内外同行との連携交流を重視してきました。関連調査協会と一定の連絡互恵関係を築いていました。そのため、関連事項を調査するとき、協力者からの一定程度の支持と援助を得られます。