ホーム > 業界情報
業界情報

ブランド保護における「市場制御理論」の運用について

来源:发布日期:03/01/2011

前文に検討したように、我々は伝統的な偽造防止モデルがすでに現在の市場の変化および権利者のニーズに適応できなくなったと認める。「市場制御理論」はブランド保護の一つの新たな構想として、深く検討し普及する価値がある。要するに、「市場制御理論」は市場にいかんでは発展の方向を决め、市場に根回しした上でブランド保護の策略を制定し、力を集中して深く掘り下げて調査し、重点目標に打撃を与え、影響を拡大し、1箇所から全面に広め、長期的に監視し、さらに配合の販売を行う。偽造品のマ—ケットシェアを制御することにより、本物販売の促進という目的を実現する。ここで、市場制御論の具体的な実施をさらに検討する。

一、市場調査および情報分析――全面的広範な調査を行い、情報を収集し、偽造品の製造販売ネットを了解する

調査、手がかりの収集および分析を重視することは、ブランド保護の礎石となる。

異なる製品により偽造問題も異なっている。偽造防止行動を実施する前に、製品の市場状況、消費群体を理解する必要となる。調査データを分析した上で、異なる市場、製品および時間などに対して、異なる方案を立てる。偽造品業界の背景を分析し、偽造品の製販の各部分を調査することにより、偽造品市場(生産、販売などの部分)の現状および動きを了解し、偽造チェーンにおけるキーとなる部分を見つける。同時に、市場調査を協力するために、いくつの偽造品の製販者に対して打撃行動を実施する。

情報、手がかりに対して選別分析を行った上で、指向性のあるブランド保護策略を制定する。

二、大きな影響力のある重点目標/団体/ネットを選択してロックし、一連の行動を取る

1、重点目標への突っ込んだ調査

逐一調査により選定した目標に対してすべてすぐに打撃行動を行うことでもなく、全体策略に対する考慮によって、ある期間の監視を行い、適当な時機で適当な目標に打撃を与える。

影響力のある偽造品の製販者、団体およびその裏のボスをロックする。これらの影響力のある偽造品の製販者に対して、全力に突っ込んで調査し、周辺にある上流のプロバイダ、下流の生産、販売ネットなどの偽造品の製販者を認識する。

主に下記を含み:

影響力のある重点目標:規模が比較的に大きい、偽造品の生産者、販売者、輸出入者など。

偽造品の製販団体(背後にあるボスが同一):厳しい打撃(たとえば刑事打撃)を避けるか、あるいは打撃損失を最低に下げるために、偽造品の製販者は1つの偽造品あるいは偽造販売品を意図的に分解し分散させ、偽造の流れおよび分担を詳細化し、生産、荷造り、物流をそれぞれ専門化し、異なる分担が異なる場所で実行され、外部に対して異なる名義で偽造、偽造品販売の不法行為を行う。偽造を実施期間が長いかつ規模が比較的に大きい偽造者は、刑事打撃を常に避けることができる。しかし実際に、これらの偽造品の製販者の間は連係され、家族か、あるいは従業員であり、かれらは実に偽造団体を構成し、ただ目標を分散させ、打撃を受けるコストやリスクを減らすためだけである。

偽造製販の立体ネット:偽造品に対する役割により区別された各部分で構成される動態的なネットを指示し、生産者、パッカー、サプライヤー、卸売業者、小売業者などのセクターを含む。また、偽造品の生産の新しい動向により、甲地で生産したものを郵便或いは宅配便にて乙地で販売し、偽造品の製販ネットに超地域という動向を現した。

2、重点目標への打撃:全面、ネット化の一連打撃

深く調査して十分な証拠を取得した後に、案件の厳重性、影響力などの要素に基づいて、重点の目標、団体に対して刑事、行政も含む一連打撃行動を取り、この偽造製販ネットに重大な打撃を与え、さらに取り除く。

このような策略は偽造者に権利者の偽造打撃に対する態度および強さを感じさせることを目的とし、一旦手を出したら偽造者に致命的な損失をもたらすこととなる。これにより、偽造者のコストを最大限に向上させるとともに、厳重な心理圧力を与える。それとともに、その後の監視によっては、かれらが動き出しそうか、あるいは再起する際に引き続き打撃を与える。これによって、ある程度の実力、規模を有するある偽造者は更なるリスクおよび損失を避けるために偽造の業界を退出することになる。

一つの団体、ネットにおける複数の偽造製販者に対して、複数回/複数サイクルの行動を取り、必要に応じて、刑事打撃と行政打撃との組み合わせだけにより、最大程度の有効な制御を行い、全面的な打撃を与え、打撃の強さを増加することができる。一方、できるだけ被害を与えることで団体あるいはネットに震え上がり、他方、さらに長い時間を掛かってメンバーや協力対象を改めて探す。

3、行動後の評価および引き続き打撃

打撃は一回性のものでなく、打撃後に打撃目標を続いて監視し、打撃効果、影響力などを評価し、ある地域あるいはある目標に対して一連の打撃行動を取る必要があるか否かを確定することが必要となる。目標にとって、違法行動を廃棄する可能性もあるし、さらに隠れた方式で偽造活動を続く可能性もある。後者について、必要に応じて再度打撃を行う。このような持続の打撃によっては、偽造製販者の偽造コストを向上し、厳重な心理圧力を累犯に与えることに疑いなく、同時に他の違法者に震え上がって気兼ねさせ、偽造業界を退出までさせる。

三、配合して販売する

権利守りおよび偽造取締りの最終の目的は、本物の販売の促進にある。販売部門のブランド保護作業対する認可および支持もブランド作業を評判する重要な要素の1つとなる。このため、知的財産権保護団体と会社の販売部門との親密な交流およびインタラクティブは不可欠なものとなる。項目の全体的な実施中では、調査から打撃まで、販売部門と親密な協力、情報のタイムリー交流を行うべきである。調査および行動中では、販売部門に相関の資料を提供でき、また打撃行動は本物の販売業務に配合し、本物の販売に商業機会を創造する。打撃行動によっては、ある程度の偽造空白期間をもたらし、販売部門により本物のキャンペーンなどの手段にて本物を市場に充実する。

なおブランドの販売戦略にあわせて、市場清掃行動を計画的に行うことができる。

備考:ブランド保護戦略の実行効果は、多方面の影響を受けるわけである。権利守りおよび偽造取締りの作業を順調に展開するために各方面の緊密な配合、特に権利者と代理人との間の順調な交流が必要となる。これにより、実際の状況によって早速にスケジュールを調整し実行することができる。調査人員は一線人員として、行動の効果および合法性に直接関連している。情報提供者からの情報はある程度に案件の成功を決められ、現地法律部門との良好な関係は地方保護主義などの障害からの有力な保障となる。