ホーム > 業界情報
業界情報

版権局 正規版ソフト導入の取り組みにより業界が発展

来源:国家知識産権網发布日期:08/05/2011

 国家版権局が4日明らかにしたところによると、中国政府が権利を侵害する海賊版ソフトウエアの摘発を強化し、正規版ソフト導入の推進方針を堅持したことにより、中国ソフトウエア産業の発展が大幅に促進された。
 国家版権局がまとめた統計によると、国内のソフト登録件数は2000年の約500件から06年は2万3千件以上に増加し、10年は8万件を突破した。中国ソフト産業の生産額は01年の750億元から十数倍増加して、10年には1兆3千億元に達した。一部の地区では、国産正規版ソフトの使用率が60%に上昇し、製品の質が向上を続けている。
 国家版権局の責任者の説明によると、ソフトの正規版導入に向けた検査や改善が段階的な成果を上げている。中央政府と国の機関は、計135カ所が国務院の要求を踏まえて5月までに検査?改善を終えており、67カ所の直属機関も検査?改善を終えている。この計202カ所が調達したオペレーションシステム(OS)ソフト、オフィスソフト、ウイルス対策ソフトは17万6763セット、調達金額は1億4091万元に上る。
 各級地方政府も検査?改善を積極的に推進している。中央と地方を合わせたこれら3種類のソフトの調達数は38万1807セット(ライセンス数)となり、調達金額は3億7714万元に上った。(国家知識産権網 2011年8月5日)