> 業務範囲 > ブランド保護 > 知的財産権保護戦略の策定および偽造品撲滅
業務範囲

知的財産権保護戦略の策定および偽造品撲滅

 

特許、商標、著作権、会社名称、実用新案、コンピュータソフトフェア、集積回路、商業秘密、不当競争など知的財産権侵害事件、偽造品事件に対して、全面的に調査に、証拠と集めます。前述のケースに対して、適時的に有力的な行政取締り活動を行うか、訴訟に訴えます。権利侵害行為を打撃し、依頼人のため賠償金をとります。

知的財産権侵害、偽造品事件に対しては、通常以下の段取りで当事者に調査サービスを提供します。

市場を注意深く観測し、権利侵害商品を見つけたら、直ちに依頼人に報告します。

特定されている市場、倉庫、メーカー、卸売り業者、小売業者、運輸業者や輸出入業者を監視し、権利侵害行為を随時に摘発します。

権利侵害商品を見つけたら、各種の専門的な手段を使い、権利侵害商品の出所を究明し、密かに権利侵害商品を生産している工場に対して、各方面から、詳しい情報をとり、確実な証拠を集めます。

依頼人の要求や各ケースによって、通常以下のよな証拠と資料を集めることができます:権利侵害製品のサンプル、サンプル、写真、目録、見積書、領収書;権利侵害者の名称、住所、名刺、会社登録、個人資料;権利侵害製品の製作過程、販売過程?販売ルート、販売数量、出荷時間などです。

政府主管機関に取締り行動や裁判所に訴訟保全、差し押さえ或いは判決執行を申し出る場合、私たちの調査員は行動前に、随時に調査し、最新状況を把握し、法律執行スタッフを正確な場所?権利侵害製品?証拠に導きます。広範囲の取り締まり行動に対して、大量的な人的、物的資源を投入し、法律執行部門と協力し、異なる市場や都市で行動を行い、かかわりあっている権利侵害行為?偽造行為を有効的に撲滅します。

ブランド保護

お客様に専門的、系統的、全面的なブランド保護策略を提供し、また、それを抜群している実力で実行します。一部の知名ブランドの製品に対する偽物撲滅行為により、消費者の中に発生しかねる不良影響を取り消すことができ、本物の市場占有率と販売シェアを引き上げられ、会社全体の市場経営や主力製品の販売に影響を与えられ、ブランド品が長年築いていたイメージを有効的に維持することができます。

偽造品を生産?販売する状況に対してマーケットリサーチを行い、動的に観測し、厳しい打撃を与え、偽造品の市場シェアを低範囲に抑え、ブランド所有者の権益を有効的に守ります。系統的な権利保護?偽物撲滅行動を通して、市場にある製品の品質を守るためにはブランド所有者がどのような具体的な措置をとったかを消費者に伝えられ、消費者の利益を守ると同時に、ブランド所有者の強烈な社会責任感をアピールできます。ブランドのイメージを引き上げ、世界範囲内に普遍に認めさせます。

刑事打撃

私たちは、長期にわたり、偽造品の出所に打撃を与えることを仕事の最高目標としています。販売市場における製品に対する打撃も偽造品生産工場に対する打撃も、偽造品を完全に食い止められません。偽造品業者に経済的な損失を与えただけです。刑法に違反している偽造品メーカーに刑罰を与えるにより、偽造品の出所を取り消し、他の偽造品メーカーにも抑止力を与えられ、偽造品の販売を有効的にコントロールできます。

権利侵害監督

私たちはお客さまの依頼を受け、全国20あまりの大?中都市に渡り権利侵害監視ネットを設置、知的財産権の権利侵害状況を監視できます。お客さまの要望に応じ、指定されている都市のマーケットを回り、定期的に監視結果を報告できます。いったん権利侵害の状況を見つけたら、お客様の意見により権利侵害サンプルを買い、権利侵害の詳細を調べ、関連する法律的意見を提出します。本社により商標を申請?登録させた知的財産権に対しては、無料的な市場監視サービスを提供させていただきます。
わが社が長年にわたり、多くの世界知名ブランドに提供しているサービスは私たちの声望と専門水準を証明しています。具体的な操作においては、立体的、交差的な方式と行動法案を採用いたします。