> 業務範囲 > 弁護士業務 > 民事および商事
業務範囲

民事および商事

 

個人、企業や団体の依頼を承り、本所の弁護士は彼らにかかわる各種の民事法律事務に協力します。たとえば離婚、扶養、権利侵害、債権債務紛争、交通医療事故、精神損害賠償などです。本所はコンサルティング、法律文書製作、証拠取り、調停参与、申し立て代理、起訴や応訴などのサービスを提供します。
本所の弁護士は幅広い商事法律活動に参加しています。たとえば、お客様のため各種の経済、貿易、商事に関する契約や法律文書を代筆すること、各種の法律手続きの履行を協力すること、各種の登録証書や批准証書を取得すること、融資、貸付、保険に関する法律事務を代理すること、税務問題や各種の紛争を解決することなどです。
本所の弁護士は研究を重視し、新たな産業領域の法律事務に力を入れています。電子商務やインターネットに関連する法律事務の面において、本所の弁護士は国際?国内の立法発展?裁判実践、商務活動中の問題や問題解決の法案を注意深く注視しています。そのため、本所の弁護士は新たな技術に関する商務法律問題を解決する豊かな知識や強い能力を持っております。