> 業務範囲 > 商務調査 > 商務リスク削減コンサルティング
業務範囲

商務リスク削減コンサルティング

 

商務運営の安全性を確保するため、企業商務安全に関連する要素に対して調査を行うことができます。また、企業安全の長期顧問として、企業の経営安全を企画し、常に企業側にアドバイスとコンサルティングを提供しています。
商務安全の調査とコンサルティングは二つの面を含めます。外部安全と内部安全です。外部安全は主にライバル企業、商談相手、提携相手などの企業?個人の情報を調査し、企業を競争?協力の中、リスクを回避させ、勝たせます。たとえば:

(1)ライバル企業、商談相手や提携対象の信用度に対して調査を行います。登録状況、財務状況や株主?ハイレベル管理者の基本資料などを調べます。調査を通して、信用度を格付けます。
(2)ライバル企業に対して全方位の監視や研究を行い、製品構成、生産コスト、市場シェア、販売体系、かっく政策、広告活動、開発能力、発展企画など各方面の資料と情報を集めます。
(3)企業の提携相手、販売者、代理人に対して調査や監視を行い、その会社規模、発展歴史、経営状況、財務状況、収益状況、負債状況、規定違反記録、株主情報、発展見込み、契約遵守履行能力などの情報を手に入れます。

内部安全調査とコンサルティングは企業内部の窃盗、横領、遠心、秘密漏らしなど企業安全を脅かす内部要素に対して調査?監視を行います。たとえば、本所は豊かな経験や専門手段を使って、多くの商業企業を悩ませた横領や秘密漏らし問題を解決しました。

安全コンサルティングと危機処理
本センターはあなたが信頼できる忠実な商務安全顧問です。私たちは企業の経営安全に企画を出し、企業にアドバイスやコンサルティングを提供します。企業に安全危機が出たら、私たちは各種のルートを使い、危機安全の関連要素に対して調査?監視し、企業を信用度を格付け、企業の発展を固めます。

社員行為と汚職調査
企業内部人員の窃盗、横領、汚職、遠心、秘密漏らしなどの事件を防ぎ、査察処理し、監視します。お客様の代理人として、契約管理、訴訟事案処理、工商税収事務などの調査を行います。

競争性商業情報調査
ライバル企業、製品や協力対象の登録状況、経営状況、財務状況や株主?ハイレベル管理者の基本資料に対し信用度調査を行い、商業スパイや他の不当競争行為を防ぎ、査察処分します。